【ワンピース】ロックスとは?海賊団やロックスターとの関係【考察】

この記事ではワンピースのロックスについて考察ネタバレを含み紹介する内容となっております 。

ロックス海賊団とは?ロックスターとの関係は?などについて考察していきます。

またジャンプ最新話についての考察ネタバレは確定次第追記していきたいと思っています。  

この中では私のロックスについての考察などを交えて紹介したいと思います

では【ワンピース】ロックスとは?海賊団やロックスターとの関係【考察】について見ていきましょう。

ロックスとは一体?

ロックス の紹介

「ロックス海賊団」の画像検索結果
ワンピース 957話より引用

ロックス海賊団とは40年以上前に存在した伝説の海賊団。当時は最強の名をほしいままにした海賊。

ロックス海賊団の船長・ロックスは海賊島・ハチノスを拠点に活動し、メンバーは「とある儲け話」のためだけに集められたことが特徴。だからロックスの人柄や強さに惹かれて集まった海賊団ではなく、センゴクの言葉を借りるなら「個性の集団」。

ロックス海賊団の船長であるロックス・D・ジーベックはとてつもない野心家であり、世界の王になることを目的としていた。

その為に世界政府に牙を剥いた。船員同士の仲が悪く誰もその過去を語らない事と、世界政府にその存在を隠された事が原因で、今ではその存在を知る者は殆どいない。

ロックス海賊団メンバー

船長:ロックス・D・ジーべック (隠し名は「ゴール」) → 昔の大海賊。当時は皇帝と呼ばれ、7つの海賊団をまとめていた。 最強の強さをもっている。そのため海軍では倒せず、野放しになってしまった 。

メンバー:白ひげ、カイドウ、ビッグ・マム、金獅子のシキ、キャプテン・ジョン、王直、銀斧が確定で以下は在籍していたと思われる人物:ミス・バッキン、シャクヤク、黒炭ひぐらしなど。

ゴッドバレー事件

「ロックス海賊団」の画像検索結果
ワンピース 957話より引用

ゴットバレーにて天竜人を売るという儲け話によって集まったロックス海賊団、そこに海軍中将ガープとのちの海賊王となるゴール・D・ロジャー がタッグを組んで船長のロックスを討ち滅ぼしたから。

この功績をもってガープは現在も「海軍の英雄扱い」されています。しかし 世界政府などからすると海賊王ロジャーと手を組んだ事実はもみ消したい。結果、二人が倒したロックス海賊団の名前も世界から消滅 する事に、空白の100年の歴史 すら人々の記憶から消滅させられるので、ロックス海賊団の記録を消すことなど容易い事なのでしょう。

ガープの「ロジャーの前は間違いなくロックス海賊団の時代じゃった」という発言を信じる限り、ロックス海賊団はガープに倒されなければ先にラフテルに到達して海賊王になっていた可能性もありそうです。

「デービーバックファイト」

デービーバックファイトは「海賊島」で生まれた 「海賊が他の海賊団のメンバーを強奪するゲーム」 と当初解説されていましたが、前述のようにロックスが生まれ育った場所こそが「海賊島・ハチノス」。

当然ハチノスで育ったロックスがデービーバックファイトを知らないはずがないですよね。 ロックス海賊団のメンバー同士でイザコザが起きるのも納得。またロックス海賊団の多くが船長ロックスに引き抜かれたと仮定したら、既に自身の海賊団を所有していたキャラクターも多そうです。

ロックスターと繋がりがある?

「ワンピースロックス ロックスター」の画像検索結果
ワンピース 234話より引用

ロックスター自身は9400万ベリーの賞金首であくまで、赤髪海賊団の中では単なる新入りでしかない が、 新入りであるにもかかわらず白ひげの元へ使者として送られている点にまず注目すると、シャンクスから強い信頼をされているのが理解できます。

ロックスターがはっきりとした「信頼できる立場」の人間だから「ロックス」の関係者であるとシャンクスが知っていたのではないか、そして白ひげもそのことを知っていた。 白ひげはかつてのロックス海賊団クルーなのだから 当然ですか。

黒ひげとの関係

関連画像
ワンピース 925話より引用

海賊島・ハチノス。現在黒ひげが拠点としてる場所は、かつてロックスが根城にした場所そのものです。 黒ひげ海賊団 の海賊船の名前は「サーベル・オブ・ジーベック号」でロックスの名前が入っています。

ロックスも黒ひげも何より同じDのミドルネームを持つ一族 で ロックス海賊団が消滅したのは38年前になり 現在の 黒ひげの年齢は40歳 です。 完全にロックスの息子と 考えてよさそうな気がします。

黒ひげが幼少期に孤独だったのも、父親のロックスが生死不明であることが強く関係してそうです。エースの事例から考えても 黒ひげも父親ロックスと異なる名字を名乗っていたと考えられます。

ロックスの遺志を継ぐ者

サーベル・オブ・ジーベック号という海賊船から、黒ひげは父親とされる・ロックスを未だに尊敬してる節も伺えますが、傍若無人だったロックスと違って、黒ひげはその反省を活かして仲間たちを見事に統率しています。

まさにロックスの弱点を補ってるのが「黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)」という存在にな ります。 ましてや世界の王を目指したロックスの意志まで引き継いでいるとすれば、最も海賊王にしちゃいけない男 ですね。

ロックス海賊団の再来!?

カイドウとビック・マムが組んだ海賊同名に参加する人物はだれなのか?という事から少し考察していきたいと思います。

まずはワノ国を離れていた百獣海賊団メンバー、「金色神楽」に参加するために百獣海賊団のナンバーズが鬼ヶ島に集まっているという描写があります。キング・クイーン・ジャックなどを中心にナンバーズ達を引き連れて現れる事になるでしょう。

次にどこかに待機しているビック・マム海賊団のメンバー、ビック・マム海賊団のメンバーは特殊な戦い方が出来る個性派で構成されているので何らかの作戦の要として戦いに参加するのでは?と考察されます。

ロックスは実は死んでいなかった!?

「ワンピース ロックス」の画像検索結果
ワンピース 909話より引用

船長を失ったという表現で表されていて、この事態はかつてロックス海賊団を壊滅されたガープが危惧していた事でもあります。そのことが世界政府に知られれば海軍は何らかの対応策を打たなければいけなくなります。

もしくは残りの四皇である黒ひげやシャンクスが動く事も考えられます。また元ロックス海賊団メンバーも集まる可能性も出てきますよね。

バッキンは白ひげが残したとされる莫大な遺産の在り処を探す為に行動しているので、マルコがワノ国に来る以上海賊同名の場に現れれるのではないでしょうか?ルフィ側にマルコがつくとなるとバッキンは元仲間でるカイドウ、ビック・マムの海賊同名側につくのではないでしょうか?

ジャンプフェスタで明かされた最大の敵とはロックス海賊団!?

キーワードは「世界に潜む伝説」と「過去最大の敵」でした。過去最大の敵というのは単体の敵を表すのではなく海賊同名そのものであり、引いて言えロックス海賊団の事なのかもしれません。

麦わらの大船団が加わり一大事件が起こり、ルフィを倒すという同じ目的で動いた場合また言い争いになり仲たがいをしてしまった場合に海賊同盟が破綻してしまう事が考えられますが、万が一ロックスが生きていたとしたら状況を制御できる可能性があります。

伝説の海賊として名を馳せたロックス海賊団が復活し、頂上決戦を超える予想の遥か上を行く全てを巻き込む戦いが勃発する可能性が非常に高いと思います。

世間の予想:世間の反応

https://twitter.com/koyachansokuho/status/1233678501275791361
https://twitter.com/john__6969/status/1212220256694882304

まとめ【ワンピース】ロックス について考察してみた!まとめ

ワノ国で最大級の戦いが起こる事は予想できますよね。ワノ国についてはまた別の機会にお話しさせていただければと思います。

どちらにしてもロックスという名前がこの時点で挙がってきており、作者のコメントからもワンピース最大の見所になる可能性が非常に高くなってきています。

またロックスの生死に関わる情報やロックスについての追記が出てきた場合、再びロックスについて考察していきたいと思います。

【ワンピース】 ロックスについて考察してみた!を最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です