【ワンピース】初心者向けネタバレパンクハザード編1!新世界へ!

当サイトでは、ワンピースをいまだに読んだことがない人のために「ワンピース初心者向けのコンテンツ」を発信しております。

ここでは、【ワンピース】初心者向けネタバレパンクハザード編1!新世界へ!について紹介します。

 

ここではパンクハザード編のストーリーネタバレを書いています。

最初の「ルフィの旅立ちからイーストブルー編」を見ていない方は、まずそちらから見ることを強くおすすめします。

【イーストブルー編】ワンピース初心者向けに解説!【冒険の始まり】

 

一つ前の魚人島編7はこちら

初心者向けワンピースネタバレ魚人島編7!新たな脅威現る!

 

次のパンクハザード編2はこちら

ワンピースネタバレパンクハザード編2!動き出すシーザー【初心者】

 

こちらの初心者向けワンピースシリーズもどうぞ

【超初心者向け】いまさら人に聞けないワンピースについて教えます!

【超初心者向け】漫画・アニメワンピースのすごさを2000文字で説明

【初心者向け】ワンピースのキャラクターを未読者向けに解説!

パンクハザードのネタバレ/パンクハザード

パンクハザード

新世界にやってきた麦わらの一味。

そこは火の海、そして魚人島でもらったログポース(今まで使ってきたログポースとは違い、3本の針がある)のどの針も指示さない島がありました。

さらに電伝虫から

「サムライに殺される・・・ここはパンクハザード」

という連絡が入ります。

一味は、そのパンクハザードに向かうことに。

 

この通話を、海軍G-5支部中将スモーカーも盗聴。

彼もまた、パンクハザードに向かいます。

 

ルフィ・ゾロ・ロビン・ウソップの4人が島に上陸すると、ありとあらゆるものが燃えています。

さらに進むと、ドラゴン(空想上の生き物)がおり、そのドラゴンに人間の下半身が刺さっていました。

ドラゴンを倒して下半身を引き抜くと、なんとその人間は下半身のみ!

その下半身のみの人間が動き出し、なんと話もします!

島の謎

一方船に残っている5人のうちブルック以外が、誰かに捕まってしまいます。

閉じ込められた部屋には、「判じ物は好きか」と喋る口や目など謎の生物がいます。

その謎の生物を組み立てると侍の顔に。

その顔だけの侍、息子を助けに来たとのこと。

4人は顔だけの侍と共に逃げます。

逃げてきた先の部屋には、誘拐されたと思われる大きな子供だらけの部屋に。

その大きな子供たちも助けを求めていたので、一緒に逃げることに。

 

ルフィ達と一緒にいた下半身だけの人間は、逃げ出してしまいます。

ルフィが追いかけ捕まえますが、ルフィの下半身と同化。

そんなルフィ達は湖にたどり着きますが、向こう側は凍える雪国。

その時ブルックがやってきて、船に残った自分以外の4人が雪国のどこかに連れ去られてしまったと聞きます。

 

G5の面々もパンクハザードに着き、島に上陸しベガパンクの研究所に来ると、そこから王下七武海になったトラファルガー・ローの姿が。

ナミたちはどうやら研究所に閉じ込められていたようで、スモーカーたちとローが対峙している中でナミたちも研究所から出てきます。

そのナミたちも海軍がいるのを確認したので、別の出口を探します。

ローは、オペオペの実の能力でスモーカーとたしぎの、ナミたちの身体が入れ替わります。

そのナミたちは、裏手から外へと脱出します。

 

ナミたちを助けるため湖を渡るルフィ達、茶ひげの攻撃を受けますが、ブルックの加勢もあり撃破。

そして対岸の雪国側に到着し研究所でローと再会。

裏手に回るように言われます。

ローの言う通り裏手に回り、攫われていたナミたちと再会。

顔だけの侍も下半身を手に入れます。

 

スモーカー(身体はたしぎ)がCCと書かれた船を見つけ、子供誘拐の犯人はシーザー・クラウンだと推測。

さらに新聞報道の伝わり方から、たしぎ(身体はスモーカー)は海軍G5の者たちの中に事実を隠蔽している者がいる可能性があると推測。

パンクハザードのネタバレ/シーザー・クラウン

シーザー・クラウンとは

ルフィは、茶ひげから

 

・4年前にベガパンクが実験失敗を起こし、有毒物質が蔓延

・その時ベガパンクにより実験体にされていた囚人は、毒ガスのせいで下半身不随に

・2年前に現れたシーザー・クラウンがガスガスの実の能力で浄化

・ローがやってきて、囚人たちは動物たちの下半身をもらった

ことを聞かされます。

そして、茶ひげはシーザーをありがたく思っています。

 

しかしスモーカー(身体はたしぎ)は、周辺地域で子供が誘拐されていることを考え、今回の一件の犯人はシーザーではないかと推測。

 

その頃、シーザーはジョーカーと読んでいる人物から、麦わらの一味・顔だけだった侍・G5の抹殺の許可をもらいます。

海難事故としてすべて処理してもらえるらしいです。

 

ブルックは胴体だけで動く侍を見かけていたようで、それを顔だけの侍に話します。

顔だけの侍は胴体を取り返すために勝手に動いてしまいます。

サンジ(身体はナミ)が気付いたころには顔だけの侍はいなくなっており、サンジはブルックとゾロと共に錦エモンを探しに行きます。

さらに、大きな子供たちが突然苦しみます。

チョッパー(身体はサンジ)が診たところ、なんと血液からNHC10という覚醒剤の成分が検出されたのです!

シーザーは、子供たちに覚醒剤を与え、逃げださないようにしていたのです。

身体が大きくなっていたのは、この覚醒剤の影響。

チョッパーは大激怒、ルフィはこの子供たちを親の元へ届けるために、シーザーと戦うことを決めます。

イエティ・クールブラザーズ

子供たちは苦しんだ末狂暴化し、ウソップの爆睡スターや鎖による拘束などで対応。

 

シーザーは、麦わらの一味討伐のためにイエティ・クールブラザーズを派遣。

ゾロ達はそのクールブラザーズに倒されます。

 

ルフィたちは、シーザーの元へ向かうためウソップ・ロビン・フランキー(身体はチョッパー)と共に向かいます。

しかしルフィの見聞色の覇気で気配を察知、ナミたちの元へ戻ります。

 

ナミたちの元へクールブラザーズがやってきます。

茶ひげは助けに来てくれたと喜びますが、茶ひげも抹殺対象に入っています。

それを知ったショックの茶ひげはクールブラザーズに攻撃されます。

そこにルフィも加わり戦いますが翻弄され、ナミ(身体はフランキー)が連れ去られます

 

ルフィとフランキー(身体はチョッパー)が追いかけます。

フランキーが暴走しますが、ルフィはクールブラザーズを発見。

片方はまともに戻ったフランキーによって、もう1人はローによって撃破。

またもローと出会ったルフィ。

ローはなにやらルフィに話があるようで・・・。

終わりに

パンクハザード編のネタバレ1はいかがだったでしょうか。

麦わらの一味、とうとう“偉大なる航路(グランドライン)”後半、新世界へとやってまいりました。

前回の魚人島は人種差別、今回は子供への覚醒剤と、第一部と比べて社会的な話が多くなってきたとの声もあります。

 

パンクハザード編はこれから盛り上がっていきます。

次のパンクハザード編2はこちら

ワンピースネタバレパンクハザード編2!動き出すシーザー【初心者】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です